やだやだやだやだーと思いつつ休日出勤。 アドラーの勇気づけを実践して少し変わった自分が見つかった瞬間でした。

やだやだやだやだーと思いつつ休日出勤。 アドラーの勇気づけを実践して少し変わった自分が見つかった瞬間でした。
2019年1月15日

アドラー心理学を基礎とした「勇気づけの子育て」を実践している、アドラー勇気づけパパのにっちゃんです。

月曜日、やだやだやだやだーと思いつつ休日出勤


でも視野を広げると意外と良いこともすでに朝からあったことに気づきました。


その後、やだやだ感情もほとんど無くなりました。


アドラーの勇気づけを実践して少し変わった自分が見つかった瞬間でした。


今までの自分であれば
やだなー。行きたくないなー。でも、やるべきことがあるし、どうしよう。


と泥沼化。


でも、今日は違った自分がいました。
やだなぁー。でも、今日は行かないとやばいよなぁ。(心配と休日出勤したくないとい気持ちの板挟み)


まずは、その気持ちを受け入れました。


やだなぁって思ってるんだね。心配って思ってるんだね。そうか、心配ってことは、なにかの防衛反応かもね。そうか。じゃあ今日は出勤しよう!


嫌なことに集中しないで視野を広げてみる


出勤しようとすると、娘がお父さん行かないで〜とせがむ。


おっ。今までは、お母さん行かないでは良くあったけど、お父さんは、あまり無かったかも。


抱っこや肩車遊びを一通り終えると、やや泣きながらですが、いってらっしゃいしてくれました。


休日出勤となったけど、新しい発見がありました。勇気づけの子育てをして娘とも今まで以上に向き合うようになった甲斐があったかも!


視野を広げると、意外と、「良かった」が転がっていました。


休日出勤が終わって見て


かなり仕事も進んで、滞っていたプロジェクトの目処もついて、だいぶ気持ちもスッキリ。休日出勤して良かったと思えました。


そしてオマケの良かったこと


フェイスブックで休日出勤をボヤいたら、同じく休日出勤中の川崎パパ塾で知り合ったパパさんから連絡があり、一緒にランチをすることに。


ELM講座(アドラー勇気づけ勉強会)に照らし合わせると、以下の考え方が役に立ちました。


感情と上手につきあおう
自分のスタイルを明確にする
セルフ•トークを意識する
自分のよさを再発見する
物事を前向きに考える


実践して、上手くいく時もあれば、上手くいかない時もあります。今日は上手くいって、学んだことが役に立って嬉しい気持ちになりました。


最後に


休日にも関わらず、こころよく送り出してくれた家族にも感謝です。