息子がなかなかお風呂に入らないのイライラを論理的結末で解決

息子がなかなかお風呂に入らないのイライラを論理的結末で解決
2019年12月8日

論理的結末とは、子供の選択した行動の結末をあらかじめ合意しておくこと。

Positive Disciplineでは、4つのポイントが挙げられています。(Positive Disciplineの詳細はこちら

関連性がある Related

尊重している Respectful

合理的である Reasonable

役に立つ Helpful

論理的結末は、一歩間違えると、罰になってしまうので、なかなか難しいです。

例えば、8時までにお風呂に入らなかったら1週間テレビ禁止ね。

一方的で、結末との関連性もあまりなく、合理的でなく、尊重もしていません。ほぼ、罰に等しいです。

そんな中、数少ない成功例が、お風呂に入るのが最後になったら、お風呂掃除をしてもらうこと。

今までは、お父ちゃんかお母ちゃんの仕事だったので、息子がなかなかお風呂に入らないとイライラしていました。寝るのが遅くなってもイライラですし。

4つのポイントに照らし合わせてみましょう。

お風呂に入るのが最後になることと、お風呂を掃除することは、関連性があります。

お兄ちゃんにとっての直接のメリットは、早く入るように、せかさないこと。お兄ちゃんにも合意してもらいました!つまり、お兄ちゃんのことを尊重しています。この納得感を持って合意してもらうことが1番重要です。

掃除の仕方も教えました。シュッシュして、流がすだけ。それほど難しくありません。最後に入らないようにすることもそれほど難しくありません。合理性もあります。

そして、役にも立ちます。掃除をすることにより、家族みんなの役にたっています。掃除の方法もわかり、自立にも繋がっています。

今日はお兄ちゃんが最後になり、お風呂掃除をしてもらいました。今となっては、自然なことになりました。

ありがとう、お兄ちゃん。

【アドラー式子育ての実践マニュアル】

世界中の親に愛されているアドラー心理学を基礎とした子育ての手引き「Positive Discipline」をベースに、基本理念から具体的な実践方法をまとめました。子育ての軸となるアドラー心理学の思想と5つの基本理論も説明しています。

一緒にお稽古していきましょう!