保育園歩いて行く〜(えっ?マジで?)

アドラー心理学を基礎とした「勇気づけの子育て」を実践している、アドラー勇気づけパパのにっちゃんです。

登園はいつも自転車で行っています。

そして突如

「保育園、歩いて行く〜」(先週の木曜日から3日間連続となっております)

えっ、マジで?

歩いて行くと、時間が数倍かかります(涙)

そこで、勇気づけの対応を考えたお父ちゃんでした。

考えた結果、プリンセスの願いを叶えることにしました。

そして、自己勇気づけへ。

アドラー勇気づけ勉強会(ELM講座)で学んだ、状況のリフレーミングを意識しました。

ピンチはチャンス。ものは考えよう。とも言えます。一見困った状況と思われることも、見方を変えると、いい側面がある。という考え方です。

この際、娘との散歩を楽しもうと腹をくくりました。幸い、会社はフレックスなので、少しぐらい遅れても、制度上、問題ないので。

そして、実際、娘との朝の散歩は幸せな時間でした。自転車登園では味わったことのない素敵な時間となりました。

「えっ?マジで?」が素敵な時間に大変身となりました。

状況のリフレーミング。試してみると、予想以上に効果を発揮します。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。