お兄ちゃん。それってPositive Discipline使ってる?(connection before correction)

アドラー心理学を基礎とした「勇気づけの子育て」を実践している、アドラー勇気づけパパのにっちゃんです。

驚いたことが。

お兄ちゃんが、Positive Discipline を使っていました。

プリンセスがお兄ちゃんの肩に乗って、ちょっかいを出していた時のお兄ちゃんの一言。

〇っちゃまー。好きだから、どいて〜

こちら、私のお気に入りのPositive Discipline の「connection before correction」。

「I love you AND the answer is No」(好きだから〜、それ、やめてほしいな?)

存在価値を認めたり、共感を示した後に、言うべきかとを、言う、という流れです。

いきなり、それはダメ!と言って、子供が理解する確率は少ないです。というか、経験上、ほぼ無いかもです。しっかりと繋がりを感じて、自分は価値のある存在であると実感した後であれば、それはダメと言われても、自分自信は受け入れられていると、感じるんだと思います。

(余談ですが、たしかに。。。会社の部下へのフィードバックでも、褒めて、指摘して、また褒める。のサンドイッチがよいとされています。)

Connection Before Correction

多用しています。

https://www.positivediscipline.com/articles/connection-correction-0

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。