過去への執着は未来への希望と活力になる!(過去への執着は勇気づけのメッセージ)

過去への執着


捨てられない物への執着


どんなイメージを持っていますか?


私はネガティブなイメージを持っていました。


なんだか後ろ向きなイメージです。


執着は悪いもの


過去の栄光にすがっている


過去への後悔


捨てられない物


執着は手放すべきもの 

なーんて思ってました。


先日、アドラー心理学の勉強会に参加して、その考えが大きく変わりました(みこちゃんこと水野美津子さん主催のアドラーと仲間たちの会)。


過去への執着は未来への希望と活力


そんな考え方が湧いてきました。


それは、アドラー心理学の2つの考え方からの気づきでした。


アドラー心理学では、劣等感は、プラスの方向へ向かう、原動力という考え方があります。

感があるから、人間は、それを克服しようとする。

人は常にマイナスからプラスへ向かっている。

マイナスの力か強いほど、バネのように、プラスへの力も強くなる。

人間は、他の動物のように牙を持っておらず弱い存在だからこそ、創意工夫していろいろ創り出す。


もう一つは、過去の思い出は、今の自分が作り出すもの。今の自分が、あえて、数ある思い出の中から、その思い出を選択している。それが事実とは異なる場合だってある。

という考え方です。


妙に腑に落ちたのは、4歳の娘の過去へのこだわりです。


幼児さんによくあるこだわり。


「ママと行きたかった〜」

「自分でやりたかった〜」


もう終わったことなので、どうにもならないのに、大泣きしながらこだわり続ける幼児さん


そこで、親がこんなことを言ったら、ますます泥沼に。(よくあるパターンです💦)


「もう終わったことだから、どうにもならないの」


「ごめんね。終わったことそんなに言われたら困っちゃう」


「もうどうにもならないんだよ」


と言ったら


「え〜ん」


娘はしばらく泣き続けます。


幼児さんのあるあるですよね。


でも、実は、これ。


今の私は


将来


お母さんと行きたい!


自分でやりたい!


という未来への希望と活力に溢れているんです


目からウロコの瞬間でした。


親をイライラさせる幼児さんの終わったことへのこだわりは


未来への希望と活力に溢れています


そう腑に落ちた後、娘への対応に、単なる言葉がけでなく、魂が入った感じがします。


「お母さんに甘えたかったの?」


「明日はお母さんと行けるように、今から、電話でお話しするね」


「自分でやりたかったのね」


「じゃあ、今から、自分でやってみようか」


過去への執着は勇気づけのメッセージ


執着に対する考え方が大きく変わりました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。