死ぬのが怖いって泣き出したお兄ちゃん。

死ぬのが怖いって泣き出したお兄ちゃん。

寝る前に、急に泣き出したお兄ちゃん。

そんな時、アドラー式勇気づけの子育てでは、共感をお勧めします。

怖がる必要ないよ。と言うよりも。

もちろん、怖くないよ。といってもオッケーです!

私も思い出しました。

なので

自分も子供の頃、怖がって泣いた話しを、お兄ちゃんにしました。
「お父さんもね。子供の頃、死ぬの怖いって泣いてたことあったよ」

年を取ると、死ぬのが怖くなくなるお話。
「年を取っていくと、人間は死ぬのが怖くなくなっていくらしいよ」

お兄ちゃんは、どうして泣いているかを教えてくれました。

死んだ後、何もなくなっちゃったり、何も考えられなくなるのが、怖くなったらしいです。

そこで、池川先生の胎内記憶のお話をしました。(池川先生のセミナーレポはこちらです

生まれる前って、空の上とか、宇宙みたいなところにいるらしいよ。

そこで、誰の子供になるのか。男の子になるのか。女の子になるのか。どの星、どの国かも、選んで生まれてくるんだって。

〇〇くんは、お父さんとお母さんを選んで、地球と日本を選んだことになるね。

日本って、結構、人気あるらしいよ。

〇〇ちゃん(妹)は、〇〇くんの妹になることを選んで生まれたことになるね。

だから、死んだ後は、生まれる前にいたところに戻るんだと思うよ。

生まれてここにいるってことは、生まれる前のことがあってもおかしくないよね。

生まれる前のことがあるってことは、死んだ後のことがあっても、おかしくないんじゃない。

お父さん、そんなお話、信じてる。

そ〜んなお話をしてたら、寝てしまいました。

死ぬのが怖いって泣くなんて、成長の証ですかね。