お兄ちゃんも実行開始!パパの家事力がアップした家に帰っても座らないという選択

お兄ちゃんも実行開始!パパの家事力がアップした家に帰っても座らないという選択

勇気づけの夫婦関係

パパの家事力アップ

家に帰ったらソファーに座ってテレビをつける

ママがイライラするパパの行動の上位に入るのではないでしょうか。

ママは座らないですからね(すみません!)

座るか座らないかで生産性に大きな差が出ることを今更ながらに知りました。座ると脳が休眠モードに入ってしまうらしいです。なので、座らないと決めると全然違います。

皿洗い、片付け、などなど。家に帰ったらすぐにソファーに座ってた時は、なかなか腰が上がらず「あー。やらなくちゃ」と思いつつ、テレビを見続けてしまうことが多かったです。挙げ句の果てには疲れてやらずに寝て、妻に怒られる結末。そして、夫婦喧嘩に。。。

座らないと不思議なもので、テキパキできるもんです。家事力アップで、妻に怒られる頻度が減りました(^^)

お兄ちゃんにも伝授

塾から帰ってくるとダラダラしていたお兄ちゃん。寝るのが遅くなり悪循環。親には早く寝なさいとせかされ。明日の学校の用意もできず。

お父ちゃんはドヤ顔でお兄ちゃんに説明!

「座っちゃうと脳が休眠モードに入るらしいよ。お母さんって家に帰ってきても座らないでしょ。だからテキパキしてるんだよ」(過度な一般化ですが良しとします)

お父ちゃんのドヤ顔説明は続く

「最近、お父さん凄くない?家に帰っても座ってないからすぐに片付けができるんだよ」

多少納得したお兄ちゃん。座らないを実行し始めました。また、お兄ちゃんが帰ってきて座ろうとするとお父ちゃんから一言

「あー。やばいよー。座ったら脳が休眠モードに入っちゃうよー」

座るのをやめて、お弁当箱を出したり、後片付けを始めました。

疲れてても、帰ってきたら、座らずに、やるべきことをやって、すぐにお風呂に入って寝た方がいい結果になることが多いんですよね。この歳になってやっと分かりました。妻に言わせれば「やっとですか?」だと思いますが。

お父ちゃんはソファーに朝まで寝て後悔したことが何度もあります。

家に帰っても座らないという習慣

きっと宝になると思います