最近の悩み。毅然と実行する(Follow Through)を実行するのは難しい。

最近の悩み。毅然と実行する(Follow Through)を実行するのは難しい。

信頼してお口をチャック

失敗から学んでもらう

共感ファースト

これら「勇気づけの子育て」の基本は、

子供を尊重したり、信頼して見守ること。

一方で

言うべきことは毅然とした態度で言う

合意したことは毅然と実行する

ということもまた、「勇気づけの子育て」では大事にされています。

毅然と実行する。。。

プリンセスに甘いパパとしては、苦手科目です。

以下は、Positive Discipline の 「Follow Through」から翻訳引用です。(文末のPositive Disciplineへのリンクより)

言ったことはちゃんと実行する。
8時までにお着替えと歯磨きが終わったら、本読むからね。そして、子供が、8時までに用意ができなかったら。優しく、時計を指差して、本を読まずに、ベッドに連れて行く。
明日、また頑張ろうね。と勇気づけも忘れずに。

分かっちゃかいるけど難しいです。

これを実行しようとするとプリンセスを大泣きします

先日も、あまりにもお約束を守れなかったので、「もう今日は遊ばないよ。もう遅いから寝ようね」としたら、大泣きです。

娘に甘いパパとしては、じゃあいいよ、もう一回だけね。で、「もういっかい」の永久ループになることもしばしば。(子供は親が本気がどうかはすぐに見抜くみたいです

でも、先日は、グッとこらえて、遊びませんでした。

ここで忘れてはならないのは、勇気づけもセットで。と言うことなので。

「〇〇ちゃんのことは大好きだよ。だから、今日は、遊ぶのなしね。次はお約束守ろうね。。。明日は、先にボーン(頭を乾かすこと)とハミガキしちゃおうか。その後に遊ぶのはどう」

としました。

なんとか、ご機嫌で、寝てくれました。

毅然と実行すると、大泣きされてしまうので、なんだか、罰でコントロールしてしまっているような気持ちになることもあります

毅然と実行する。

なかなか難しいです。

普段の信頼関係が重要なんでしょうね。。。

信頼関係と言えばプリンセス。仲のいいお友達と保育園でよくケンカをします。

でも必ず仲直りするとのこと。

2人の間に信頼関係や思いやりを垣間見ることも。

ケンカできるお友達がいるっていいなぁと思います。

そんな環境を整えている先生達にも感謝です。

ちょっと話はそれますが

言いたいことを言ってくれる人って、自分のことを信頼してくれてる可能性が高いかも?

そう思うと、また、違う世界が見えてきそうです。

Positive Discipline のFollow Through へのリンクです。

https://www.positivediscipline.com/articles/follow-through-with-children

川崎パパ塾で「パパのための勇気づけの子育て」のコラムを連載中です。他のパパのコラムもあります。ママも是非!

https://papamama2010.com/category/column/nitta-papa