僕が晩御飯作るよ!(えっ?マジで?)【信頼 x 経験 x 長期視点】

僕が晩御飯作るよ!(えっ?マジで?)【信頼 x 経験 x 長期視点】

こんばんは。新田浩也です🙂

アドラー式子育てを実践しています。

ご訪問いただき、

ありがとうございます😊

あ母ちゃんは夜遅くに帰宅予定。

お父ちゃんは、ランドリーマウンテン(溜まった洗濯物)と格闘中。

するとお兄ちゃん。

「僕が晩御飯作るよ!経験だからね!」

お父ちゃんの心の声

(えっ?マジで。そのチャレンジ精神嬉しいけど、ちょっと待って。大丈夫かな。)

お母ちゃんが、下ごしらえをしているので、シャケを小麦粉にからめて、炒めるだけ。お兄ちゃん、できなくはありません。

(ランドリーマウンテンしながら、指示出すの大変そう。失敗したら、片付け大変だし。。。逆に、大変。。。)

(お父ちゃん腹をくくりました)

「ありがとう。じゃあ作ってくれる?」

「うん。これも経験だからね!」

お兄ちゃん。わかってる!

とても嬉しい気持ちになりました。

アドラー式子育てを本格的に始めて約1年。

お兄ちゃんに、変化が見えて、嬉しいです(^ ^)

お父ちゃんは、洗濯物を畳みながら、安全面だけ気にしながら見守ることにしました。

質問が来たら、答えました。

でも、ほとんど、ひとりでやり遂げたお兄ちゃん。

私も、予想以上にできたお兄ちゃんに、びっくりです。

子供って、大人が思う以上にいろんなことができるとは、よく言いますが、本当でした!

盛り付けには、プリンセスが加わり、ほとんどお父ちゃんは手伝わずに、晩御飯の用意ができました!

2人が達成したこと。凄く嬉しかったです。

2人も大満足そうでした❗️

子供の成長。

子育ての醍醐味ですね(^ ^)

信頼を示して長期視点で

今回に関連したPositive Disciplineの「Show Faith(信頼を示す)」へのリンクです。

以下、翻訳引用です。

【信頼を示す】
1. 助けたり、お説教したり、代わりにしてしまったりする代わりに、「できるよって」ってただ信頼を示すだけ。
2. 子供は「経験」を通して、自分で問題を解決する力や転んだら起き上がる力を身につける。
3. 共感を示す。「そうだよね。怒りたくもなるよね。信頼してるからね。」

先回りして失敗しないようにする。忘れ物がないか確認してあげる。「早く起きなさい!」何回も起こす。代弁する。などなど。

誰でも心当たりがある、よくすることですよね。

でも、度が過ぎると、過保護や過干渉になってしまうので、ほどほどに。くらいに考えていいと思います。

信頼してお口をチャックです(^ ^)

そして長い目で。長期視点。

すぐにはできるようになりませんが、いつかできるようになります。

ハイハイしている赤ちゃん、みんな立てるようになります。

なかなかオムツが取れなくたって、いつか取れます。成人して、オムツの人、見たことありません。

自転車、みんな乗れるようになります。

みんな、上記のことができるようになること、無条件で信頼していたのではないでしょうか。

モンテッソーリ教育をわかりやすく表現したこんなフレーズがあります。「信頼を示す」ことの具体的な方法のひとつだと思います。

「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」

相良 敦子さんの本の題名にもなっているこのフレーズ。

ひとりでするのを援(たす)けるという考え方。

「信頼を示して見守る」ということは「放置とも異なる」ということがわかりやすく表現されているフレーズだと思います。

例えば、おもちゃをしまう場所にシールを貼って、自分で片付けることを手伝う。(ちょっとだけできやすくする)

靴を履くところをゆっくりと見せてあげる。(ゆっくりステップに分けて見せる)

幼児さんが自分でするのを手伝う、モンテッソーリの代表的な2つの方法です。

子供ができるようになるのを見るの楽しいですね。

余談ですが

「信頼を示す」

「勇気づけ」の最初のステップとも言われています。

🔻こちらも覗いて頂けたら嬉しいです🔻

川崎パパ塾「パパのための勇気づけの子育て」を連載しています。

Facebookページではブログの更新や川崎パパ塾などの活動を掲載しています。

アメブロではちょっとした日常のことを綴っています。