「優しさ」と「毅然さ」登園時の対応で少し毅然さを取り入れてみました。

「優しさ」と「毅然さ」登園時の対応で少し毅然さを取り入れてみました。

先日に引き続き、登園時に、いかにして急かさないかの続きです。

今日は、少しだけ「毅然さ」を取り入れてみました。

昨日は、完全に見守り状態というか、放置したら、ほぼエンドレスに友達と遊びまくりで、なかなか準備が出来ず出社も大幅に遅れました。

それはそれで楽しそうでなによりですが、ちょっと放置しすぎたかな、と。

そこで、今日は少しだけ毅然さを。

以下、Positive Discipline より、Kind and Firmの翻訳引用です。(リンクは文末にあります)

優しさ毅然さ。両極端ではなく。
まずは、共感と気持ちに寄り添い。できれば、選択肢を促す。たとえば
1) 歯磨きしたくないんだよね。じゃあ、一緒にしようかな
2) まだ遊びたいんだよね。じゃあ、そろそろお布団に入ろうか? 本は1冊、それとも、2冊?
3) 大好きだよ。だから、それはやめてほしいな。

勇気づけの子育てをしてると、つい、なんでも許しがちになってしまうことがあります。

勇気づけの子育ては、いうべきことはしっかりいう。という側面もあり、まさに優しさと毅然さを兼ね備えています。

Positive Discipline でも、そのことは強調されていて、「優しさと毅然さ」は目から鱗の私の1番のお気に入りのPositive Discipline の手引きです。

Connection before CorrectionHugsEye to Eye の併用もおススメです。

指摘する前にはハグや勇気づけの言葉を。そして、目線を揃えて。

登園をして部屋に入ったら、着替えやタオルを棚に入れて、トレーナーと帽子を被り、外履きを持って、園庭に行って、バイバイする。

この動作が、なかなかできないのが日常です。友達同士で遊びだしたり。。。そこで、早くして!の急かしが始まったり。。。

そこをいかにして、急かすことを我慢するかが、私の最近の流行りでした。

今日は「毅然さ」にチャレンジしてみました。

膝をついて、目線を合わせて、
「〇〇ちゃん。楽しそうにしてるね〜。だから、今日は先に準備してから、遊ばない? あとね。今日はお父さん、お当番があるから、早く会社に行かないといけないんだ。」

1回目では、すぐに、遊びだしました。

もう一回、同じように。
「〇〇ちゃん。遊びたいんだよね〜。じゃあ、先に準備してくれる。先に準備した方が、お外でも、たくさん遊べるよ。昨日は、お外であまり遊べなかったんじゃない?」

その後、比較的、早くに準備をしてくれました!

まだ、ぎこちないですが、急かさないで見守るのもいいですが、優しさと毅然さをバランスよく取り入れることも、意識して試していこうと思います。

Positive Discipline へのリンクです。

川崎パパ塾で「パパのための勇気づけの子育て」のコラムを連載中です。他のパパのコラムもあります。ママも是非!